Admin New entry Up load All archives

つじこの

一応、本とかの批評のつもり。趣味的な備忘録

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

CM: -- TB: --   

アリストテレス『魂について』 

突然ですがアリストテレスの霊魂論におけるエネルゲイアとエンテレケイアについて、無知をかえりみず思いつきで連載をしてみます。
うまくいけば、たぶん虚構について考える上で何らかの手がかりになるはず。

哲学の世界には、かのアリストテレスが愛用したことで名高い「デュナミス」と「エネルゲイア」との概念的区別というものがある。デュナミスは「可能態」、エネルゲイアは「現実態」と訳されることがある。さらにこの両者に加えて「エンテレケイア」なる概念もあり、こちらは「完全現実態」などと訳される。
碩学今道友信の説明を拝借すると、まず前二者に関してはこうある。

アリストテレスは、前にも度々述べたごとく、生物学特に動物学の領域において広く研究を重ねた学者である。ところで、動物とは生の動態を抜いて考えることのできない存在者である。それゆえ、動物学で鍛えた彼の眼力には、物の動的な見方、ダイナミックな把握がある。従って、アリストテレスは、事物一般に対して、その誕生や成長や衰退や死滅、要するに生成消滅の変化という動的な状態を見落とすことがない。赤子は子供となり、そこで赤子のときに潜在的に持っていた言語能力や歩行能力がその可能的な状態から現実化されてくる。そのような子供が成人となり、そこで子供のときに潜在的に持っていた生殖能力や思索能力が、その可能的な状態から現実化されてくる。このようなことを考えてみると、宇宙はさまざまの変化に満ちているが、その変化は、いずれも変化する可能性のないものから現在の姿に変化しているのではなく、変化する可能性(dynamis)のあるものが現在の姿に現実(energeia)化しているのであると見なければならない。それゆえに、アリストテレスは、個体の状況につき、デュナミス(力すなわち可能態)からエネルゲイア(働きすなわち現実態)へという動的な図式を考えたのである。(注1)

アリストテレス自身は、デュナミスに関しては木材の中に神像が、線全体の中にその半分の長さの線があると言われ、また研究の能力がある者は現に研究活動中でなくても学者と呼ばれるような事例を挙げており、対してエネルゲイアに関しては、この場合だと像そのもの、半分の長さの線そのもの、現に研究活動中の学者等を例に挙げている。デュナミスとの対比におけるエネルゲイアは現在進行形と現在完了形とを同時に含む。
しかしエンテレケイアは、もはやデュナミスのように未発達でもなければ、エネルゲイアのように道半ばでもない、究極的な完成に達した状態を指すらしい。

尚、アリストテレスは、完全な現実態としてエンテレケイア(entelecheia)という概念を構成した。それはギリシア語で“テロス(telos)において(en)ある(echein)”ことであり、テロスとは目的ないし終局であるから、エンテレケイアとは完全な目的論的終局に到達している状態ということである。これは、動物に即して言うならば、子供を生む能力、すなわち雌雄それぞれの仕方で生殖の能力が備わった段階を成長の一応の完結とみなし、その個体の生物としての成長目的を達した状態と考えている。そして、これに類比的に生物現象以外にも、生成の完結、生成の頂点をエンテレケイアという言葉で表わしている。前に述べた現実態、可能態の対立が、類比的、便宜的、相対的であるのに対して、エンテレケイア(完全現実態、円現)はいわば絶対的であって、そこからはそれ以上の展開があり得ないようなそういう状態のことである。(注2)

ということで、一見すると三つの概念はごく整然と区別されており、何も問題はないかのように思える。
だが実は、必ずしもそうではないらしいのだ。デュナミスについてはさておくとして、エネルゲイアとエンテレケイアを、アリストテレス自身がまるで同一視しているかのような記述が散見されるからである。例えば「エンテレケイア」という語そのものこそ出てこないが、『形而上学』第9巻第6章には、こんな文章がある。

諸々の行為のうち、限りのある行為は、(1)いずれの一つも目的〔終り〕そのものではなくて、すべてその目的に関するものである、たとえば、痩身にすることの目的は痩身である、しかるに、(2)痩せる身体部分そのものは、痩身にする過程においてあるかぎり、運動のうちにあって、この運動の目的を含んではいない、それゆえに、(3)痩身にすることは行為ではない、あるいはすくなくも完全な(テレイア)行為ではない(なぜなら、それは終り(テロス)ではないから);ところが、行為〔すくなくも完全な行為〕は、それ自らのうちにその終り〔目的〕を含んでいるところの運動である。

では、完全な行為、つまり「テロス(目的・終り)」をそれ自身の内に含む行為とは、具体的にはいったいいかなるものか。

たとえば、ひとは、ものを見ているときに同時にまた見ておったのであり、思慮しているときに同時に思慮しておったのであり、思惟しているときに同時に思惟していたのである。これに反して、なにかを学習しているときにはいまだそれを学習し終ってはおらず、健康にされつつあるときには健康にされ終ってはいない。よく生きているときに、かれは同時にまたよく生きていたのであり、幸福に暮らしているときに、かれは同時にまた幸福に暮らしていたのである。そうでないなら、この生きる過程は、痩身への過程と同様に、いつかすでに終止していたはずである。だが、実際にはそうではなくて、かれは生きておりまた生きておった。そこで、これらの過程のうち、一方は運動と言われ、他方は現実態と言わるべきである。(注3)

つまり、「テロス(目的・終り)」をそれ自身の内に含み、それゆえに完全な行為とは、「見る(見ていた)こと」、「思慮する(思慮していた)こと」、「思惟する(思惟していた)こと」、さらには「よく生きる(よく生きていた)こと」、「幸福に暮らす(幸福に暮らしていた)こと」等であり、これらが「エネルゲイア(現実態)」として、「運動(kinesis)」つまり健康になることや学習することや痩せることに対立するのである。
ここで気になるのは列挙の順番だ。仮にいましがた整理したとおりの順番で五つの「エネルゲイア」と三つの「運動」が列挙されていれば、叙述はずいぶんすっきりしたものになっていたはずである。にもかかわらず実際には、三つの「エネルゲイア(現実態)」、つまり「見る(見ていた)こと」、「思慮する(思慮していた)こと」、「思惟する(思惟していた)こと」の列挙の後、「これに反して」という表現とともに対照的な「運動」の具体例が二つ(「健康になること」と「学習すること」)割り込んできてから、改めて「よく生きる(よく生きていた)こと」、「幸福に暮らす(幸福に暮らしていた)こと」が「エネルゲイア(現実態)」の例として続き、かつ「痩せること」という「運動」との対比を形作るのである。
このような順番になっていることには、何か理由があるのだろうか。ひょっとすると何の意味もないのかもしれない。それにそもそも、現在あるようなアリストテレス著作集は後世の編纂者の尽力で成立したものである。それでもあえて、著者の意図が何がしかこの順番に反映していると考えるとすればどうなるか。思うにここには、エネルゲイアを運動との対比で定義していく中で、ことさら「よく生きる(よく生きていた)こと」と「幸福に暮らす(幸福に暮らしていた)こと」を強調するという狙いがあるのではないか。
事実、引用文の末尾の「一方は運動と言われ、他方は現実態と言わるべきである」の後には、「けだし、およそ運動は未完了形(アテレース)である」という断定とともに、歩行や建築、生成や動きなどさらなる事例が続き、結局、「見る(見ていた)こと」や「思惟する(思惟していた)こと」のように、現在進行形と現在完了形とを同時的に含むのがエネルゲイアで、そうでないのが運動だ、という区別の確認をもってこの章は終わるのである。叙述の一番肝心な部分は、先の引用文の末尾までで尽きている、という印象だ。

ところで、以上のように考えられた場合のエネルゲイアは、ほとんどエンテレケイアと異ならないのではないか。というのも、すでに今道さんによる説明にもあったように「エンテレケイア」の語源は「テロス(目的)においてあること」であり、かつさきほど引用した文章の中でアリストテレスは、「運動」と比べたときの「エネルゲイア」の特長として、まさしく「それ自らのうちにそのテロス(目的・終り)を含んでいる」ことを考えているからだ。
もちろん、両者の意味内容が初めから同じであるわけはなく、例えばやはり『形而上学』によれば「現実態(エネルゲイア)という語も、働き(エルゴン)という語から派生し、完全現実態(エンテレケイア)を目指しているのである」(注4)ということだが、しかしすでにこの説明からも明らかなように、エンテレケイアはエネルゲイアの果てに待ちかまえる境地なのである。してみれば両者が一致するような状況を考えることに何ら無理はない。この点につき、『形而上学』の翻訳者である出隆は次のような説明を訳注で与えている。

「完全現実態」または「完現態」と訳されるアリストテレスの用語‘entelecheia’は、語源的には、‘telos’(終り・目的)、‘en telei echein’(目的においてある)、‘enteles’(完了・完成・完全)などと関連した意味をもつものとみられ、これに対して、「現実活動」「現実性」または「現実態」と訳される‘energeia’は、‘energein’(活動する)、‘ergein’(働く)、‘ergon’(働き)などと関連した意味の語とみられる。このかぎりでは、前者「エンテレケイア」が、或る転化過程の完了した状態、その転化の終り(テロス)に達してその目的を完成している状態を表わすのに対し、後者「エネルゲイア」は、より多くその転化の過程、転化する現実の働き、現実活動の側を表わすものと言えよう(そしてこの意味で用いられている場合には「現実活動」という訳語がふさわしい)。しかし、実際には、多くの場合、エネルゲイアはエンテレケイアと同義的に用いられ、また逆にエンテレケイアもエネルゲイアと同義的に用いられている。けだし、「働き」という日本語でも(またドイツ語のWirkung, Wirklichkeitでも)そうであるように、その活動過程の側と活動結果の側とは、実際にはそう簡単に区別されないからでもあろう。(注5)

非常にもっともな指摘である。ただし出さんは続けて、「その現実の活動が常に同時にその完成態であり、その動詞の現在形(現在進行形)が現在完了形でもあるような活動」、すなわち「活動それ自らがその終り・目的でもあるような活動(活動というよりもむしろ全くの静止)―を優位に置くアリストテレスの立場」がこの傾向をいっそう助長したという旨のことを述べ、さらに別の訳注でもこのような、学問的研究を典型とする自己完結的・自己充足的な活動に関して、「もはや活動とも行為(実践)とも呼びえない全く非現実的・非実践的な静止ではないか」という疑問を突きつけている(注6)。書き手の政治的な信念が露骨すぎるかもしれないが、これはこれで一種の卓見であろう。

しかし、さきほどの『形而上学』第9巻第6章からの引用文は、「よく生きる(よく生きていた)こと」と「幸福に暮らす(幸福に暮らしていた)こと」とを、何やら妙な位置に並べて特別扱いしていた。ここを読むかぎりではどうも、単なる実践嫌いの貴族趣味とは別の原理が働いた結果として、アリストテレスにとってこの両者が特権的な「エネルゲイア」の事例たりえているのではないか、とも思えてくるのである。
私の疑問は、同じく「エネルゲイア」と「エンテレケイア」とが一致するといっても、そのあり方が一様とは限らないのではあるまいか、というものだ。つまり「見る(見ていた)こと」、「思慮する(思慮していた)こと」、「思惟する(思惟していた)こと」であれば、いずれもいわば理論的・学究的な活動の一種と呼べそうだから、出さんが批判したような意味で「エネルゲイア」が「エンテレケイア」の色に染まるというか、両者が重なることは納得がゆく。しかし、「よく生きる(よく生きていた)こと」や「幸福に暮らす(幸福に暮らしていた)こと」の場合でも、事情は変わらないのか。この種の「活動」をも実践的でなく理論的と呼ぶことは妥当でなさそうだし、「そうでないなら、この生きる過程は、痩身への過程と同様に、いつかすでに終止していたはずである。だが、実際にはそうではなくて、かれは生きておりまた生きておった」という注意書きも気になる。
というのもこの注意書きに至ってとうとう、「よく」とか「幸福に」とかの限定的な副詞すらも脱落して、ただ「生きること」が、それ自身の内に「目的・終り」を含んでいるからこそ、いかなる外的な目的をも達成することがなく、いかなる外的な終点にも到達することのない、そのかぎりで無制限な(制約を受けぬ)過程として切り出されてくるからだ。自己充足性・自己完結性という点では同じでも、このようにいかなる外的な目的をも達成せず、いかなる外的な終点にも到達しないという観点から把握された場合の「エネルゲイア」(エンテレケイアを兼ねるものとしてのエネルゲイア)は学問的研究の豊かさとはおよそ無縁で、むしろそれとは正反対の極限的な貧しさを感じさせる。あるいは、これ以上もはや何ものにも還元できない、単純にして精悍な生命そのものの輝きを。
してみれば「エネルゲイア」と「エンテレケイア」との一致には少なくとも二通りあって、「よく生きる(よく生きていた)こと」や「幸福に暮らす(幸福に暮らしていた)こと」という事例では、むしろ「エンテレケイア」のほうが「エネルゲイア」化しているのではあるまいか。元来は究極的な、完全なる現実態であるはずの前者が、元来は道中にすぎぬはずの後者に自らの特性を授け、こうしてどんなに短い生涯にも、その中のどんなに短い瞬間にも、成就という性格を不断に与えるのである。
ここには「生命」というものの不思議さが潜んでいるように感じられてならない。きっと、良くも悪くも骨の髄まで学究肌だったアリストテレスの基本的な姿勢は、出さんの批判するとおり高踏的な貴族趣味だったのだろう(専門家の意見は聞くものだ)。ゆえに現在完了形を兼ねる現在進行形としてのエネルゲイアの典型は、学問的研究でなくてはならなかったのだろう。だがそれにしても、『形而上学』のこのくだりでは、そのような基本的な姿勢から紡ぎ出されてくる文の運びの中に、生命それ自体の本質に根ざす別種の事情、「生きること」が即「生きていたこと」でもあるという事情が入り混じることでそこはかとない乱調(列挙の奇妙な順番)を招いているように思えるのだ。

少し長くなったようだから今回はここまでにしたい。
以上を前提に、次回は『魂について』の本文の検討に入る予定であります。


(1)今道友信『アリストテレス』(講談社学術文庫、2004年)130-131頁。
(2)同書132-133頁。
(3)アリストテレス『形而上学(下)』(出隆訳、岩波文庫、2004年第41刷)34頁。
(4)同書42頁。
(5)同書251頁。
(6)同書257頁。
スポンサーサイト

category: アリストテレス

CM: 0 TB: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tsujiko692.blog.fc2.com/tb.php/14-9c67fffd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。